京都大学アントレプレナープラットフォーム(KUEP Kyoto UniverisityEntrepreneurs Platform)は、京都大学を起点とした、起業家育成のために必要なさまざまリソースを提供するための基盤となるものです。
起業を始めるためにはさまざまなリソースが必要ですが、KUEPでは、大きく分けて、物理的なプラットフォームと人的なプラットフォームを提供しています。
物理的プラットフォームとしては、自分のアイディアをのプロトタイプを短期間、低コストで作成し、市場との対話から商品・サービスを洗練させていく、デザイン思考を実践できる場として、3Dプリンター、レーザーカッターなど、グローバルスタンダードのデジタル・ファブリケーションツールを揃えたスタジオを整備しています。これらの機材は必要なトレーニングを受ければ、京都大学のどの所属部署にいるかかわらず、利用できる体制になっています。
人的プラットフォームとしては、学内研究者からの起業に関する相談に対して、ビジネスアイデアの評価、市場および技術の評価、ビジネスプランニングや資金調達を受けるために必要なコーチングをおこなっています。学外における起業経験者、在京都の大手企業、VC等のメンターネットワークを整備し、起業を検討している人の専門分野、課題、フェーズなどに合わせて、テーラーメイドのメンターのアサイメント、メンタリングを行います。
また、起業家や起業やイノベーションに関わる様々なバックグラウンドの専門家の講演会を定期的に行うほか、京都大学の起業に関わる人達のネットワーキングを積極的に支援していきます。

ABOUT

本プログラムは文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)の助成を受けて行っています。

※順不同