京都市ものづくりベンチャー創出支援講座 オープニングイベント

日 時:平成27年9月10日(木) 18:00〜20:00

京都市ものづくりベンチャー創出支援講座 オープニングイベント

日 時:平成27年9月10日(木) 18:00〜20:00

定 員:100名程度

京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 60周年記念ホール

公益財団法人京都高度技術研究所が開催する、次代の京都経済をリードするベンチャー企業を発掘・育成するため、ものづくり分野での創業を目指す学生、若手社会人等を主な対象とした「ものづくりベンチャー創出支援講座」のオープニング・イベントが、下記の通り開催されます。

日程:平成27年9月10日(木) 18:00〜20:00
会場:京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 60周年記念ホール
参加費:無料
定員:100名程度
参加対象18歳以上(学生、社会人可)

テーマ:Hardwareベンチャーの今後の可能性
講師:鎌田富久氏 TomyK Ltd. 代表取締役&Founder
 TomyK Ltd.代表。株式会社ACCESS共同創業者。
 東京大学大学院 理学系研究科情報科学 博士課程修了。理学博士。
 在学中の1984年にベンチャー企業ACCESS社を設立。
 組込み向けTCP/IP通信ソフトや、世界初の携帯電話向けウェブブラウザなどを開発し、モバイルインターネットの技術革新を牽引した。2001年に株式上場し、グローバルに事業を展開した。2011年に退任。
 スタートアップを支援するTomyKを設立し、東大発ロボットベンチャーSCHAFT(米Googleが買収)の起業を支援するなど、IoT(Internet of Things)、宇宙、ゲノム、ロボットなどの技術ベンチャー約10社を立ち上げ中。

「ものづくりベンチャー創出支援講座」では、創業準備のための作業スペースを提供し、受講生同士の交流による相互研鑽の促進や、起業に向けた個別相談等に対応する一方、アイデアを形にするうえで必要な技術面、経営面での知識について、メンターを配置し、技術、経営、人材育成、販路開拓の各分野における指導を行います。受講生は、それらを通してビジネスプランをブラッシュアップし、最終回では、投資家等に対してプレゼンテーションを行い、評価を得ることができます。

特に、ものづくり分野の知識、技術に関しては、京都府南部の機械金属関連の中小企業で構成された、部品加工から装置開発まで「試作に特化したソリューション提供」に取り組む京都試作ネットと連携することにより、より実践的な内容となっています。

10月よりスタートするビジネスプラン策定講座のいくつはKUEP(GTEP)において開催される予定です。

「ものづくりベンチャー創出支援講座」の詳細および参加申込については下記サイトをご覧ください。

https://www.astem.or.jp/kyotohardwarestartups/