第10回京大OBOG座談会

日時:2021年3月4日(木)17:00~

第10回京大OBOG座談会

日時:2021年3月4日(木)17:00~

定員:10名程度

オンライン開催:ZOOM

参加費:無料

対象:京都大学の学部生、大学院生(文系理系問わず)


京大OBOGと気軽に話す座談会です。


坪田拓也

株式会社サムライインキュベート

Investment manager Investment Group


経歴:

2012年京都大学工学部(工業化学科)卒業、2014年京都大学大学院工学研究科分子工学専攻中退。

大多数が大学院に進学する学部のため、そのまま理系の大学院に進学するも、周囲の研究に対する熱量と自分を比較して

「将来この領域で食べていくことはできても、活躍することはできない」と判断し、別の道を模索し始める。

小学校時代の地元のおもちゃ屋の手伝いや、学部時代のアルバイトでの事業提案の経験、また大学院時代に経験した

インターネット企業のインターンを経て、「インターネット領域の事業創りに携わりたい」と辿り着く。

2014年株式会社オプト(現:株式会社デジタルホールディングス)に新卒入社。入社研修時は70名程の同期で1位の成績を収め、

新卒が配属された前例が無かった部署に配属され、顧客に対する技術支援や新商材の開発提案に従事。

そんな中、全社で初となる公募型の「起業家輩出プログラム」が開催され、新卒ながら起案・応募し第1回唯一の採択者に選ばれる。

2年目以降は新規事業専門のグループ会社に出向し、新規事業責任者やインキュベーターとして複数事業の立ち上げに携わる。

2017年10月に現職である株式会社サムライインキュベートに入社し、大企業の新規事業立ち上げ支援、スタートアップへの出資・支援、

大企業とスタートアップの協業推進などに携わる。現在は特にInvestment Managerとして34.5億円のファンドから新規投資や支援に注力。